根管治療(歯の根の治療)について

歯科医院で、「歯の神経を取ります」「歯の根の中が膿んでいます」などと言われたことはありませんか?
歯の根の中には、神経が通っているとても細い管があります。虫歯が進んでしまい、虫歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管の中をきれいにお掃除して、感染物質を除去する必要があります。そのような歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。

マイクロスコープを使用した精密根管治療

根管治療は、歯科治療においてとても重要な治療です。
たとえば、豪華な建物を建てるとき、基礎工事がしっかりしていなければ、せっかくの建物もいずれ倒壊してしまいますよね。歯も同様で、適切な根管治療がされていない歯に高価なセラミックの歯を入れても、後々根の中に膿(感染物質)がたまってきたり、根のまわりに炎症が起こったりして、せっかく装着したセラミックを外して再治療が必要となる場合があります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。
そのような事態をさけるため、歯髄(歯の神経)を除去する際には、将来的に病変ができないように、また、すでに病変ができてしまっている歯であれば、その病変を治すために、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。このように、根管治療は歯科治療の基礎となる重要なものです。適切な根管治療はその歯の寿命を決定付ける、大切な治療なのです。

虫歯にならない予防

口腔内疾患の中で多い二大疾患は「虫歯」と「歯周病」。最新の歯科医療では「歯の病気を予防する」ことに重点が置かれています。患者さんの日頃の歯のお手入れと定期的な検診で予防することが出来るのです。将来、歯を失わないようにタケルデンタルクリニックでは予防歯科に力を入れています。

ご予約等、お気軽にお問い合わせください。(完全予約制)03-5940-4188外来診療 9:00~19:00(年中無休)
完全予約制

お問い合わせフォームお気軽にお問い合わせください。