CT治療

CT撮影の必要性

歯科用CTでの出番は、インプラント治療をお考えの方の診断矯正治療で、歯の根がどの方向を向いているかの確認歯周病の進行状況顎関節の状態インプラントや歯周病のメンテナンス等、多岐に渡ります。
主に、インプラントや親知らずの抜歯・矯正治療・重症の歯周病の診断・顎関節症の診断・根の治療などに用いられます。 三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

安心・安全な治療をご提供します。

歯が痛いけどどこが痛いのかわからない、歯の治療を続けているがいつまでも変わらない、このように先の見えない治療に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。近年、歯科用CTレントゲンが少しずつ普及し、今まで歯科医師の経験と予想で診断していた痛みの原因が、3次元のCTレントゲンによってわかるようになっています。もちろん全ての原因がわかるわけではありませんが、今までの診断や治療より格段に精度は向上しています。

ご予約等、お気軽にお問い合わせください。(完全予約制)03-5940-4188外来診療 10:00~19:00(年中無休)
完全予約制

お問い合わせフォームお気軽にお問い合わせください。